HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職場の悩み > 自宅から遠い

自宅から遠い

職場の悩み

総合病院等の薬剤師をしている場合、自宅から遠い事が多いと思います。 それ以外でも「給与が良いから」「休みが多い」等の理由で、我慢して遠い職場に通っている場合もあると思います。 通勤のあまりの辛さに「自宅から遠い」と言う理由で転職する薬剤師も少なくありません。 実際、薬剤師と言う仕事はかなりの激務ですから、自宅から遠い事で、精神的にも体力的にもかなり厳しいのではないでしょうか。 他業種で、自宅から近い職場を探そうと思うと、中々難しい物ですが、薬剤師に関しては、自宅の近所で勤務先を見つける事は比較的簡単です。 薬局やドラッグストアと言うものは、ある程度の人口があれば、駅の近くや住宅地近辺等の「生活圏」に立地しているのが普通です。 逆に、大きな病院の門前薬局や、病院勤務となると、自宅から遠くなってしまう事もあります。 中には、電車で片道1時間かけて通勤している人もいらっしゃいます。 時間をかけて通勤している場合、仕事にも、自分の身体にも負担を抱え、精神的にダメージを抱えてしまいます。 極端な話ですが、都心部の薬剤師の間では「Iターン就職」が密かに話題になっています。 朝の満員電車での通勤に加え自宅から遠い職場で勤務する事で、精神的にもストレスが溜まり、参ってしまうケースが増えています。 この様な理由から、ちょっと離れた地方都市へ引っ越す事で、新しい環境で、自宅から近い職場を探す、Iターン就職をする薬剤師が増えつつあります。 のんびりとした、地方都市ならではの環境で、地域の住民や患者様の為に、何よりも、自分が精神的にも身体的にも健康に薬剤師を続ける為にも、「自宅から近い」薬局やドラッグスト等の職場で、地域医療に貢献する事も、また新しい働き方かもしれません。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜