HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職場の悩み > 福利厚生が良くない

福利厚生が良くない

職場の悩み

薬剤師と言う職業は「福利厚生が良くない」と言われています。 「福利厚生」とは、職場である企業が、従業員とその家族に対して提供するものです。 勤労意欲の向上・労働力の定着を目的として、従業員の生活をより向上させる為に実施されています。 法律で義務づけられている「法定福利(社会保険料の事業主負担など)」と、企業側が任意で実施する「法定外福利(交通費・社宅・健康診断・育児支援・保養施設など)」で構成されています。 特にこの「法定外福利」が、従業員の人生設計に深くかかわってくるので、多くの企業が力を入れています。 福利厚生を充実させる事は、職場である企業や雇用主が、従業員である薬剤師の仕事と生活を、バランスよく保とうとしている証拠です。 基本的に、福利厚生と言うものは、大きな組織であればあるほど、充実してくるものです。 しかし、薬剤師の職場の多くが病院や薬局で、これらの殆どは中小企業と呼ばれています。 大手の全国展開の薬局やドラッグストア・製薬会社であればともかく、薬剤師を必要としている職場の殆どは、中小企業と呼ばれるものばかりで、要するに「薬剤師の大半の職場は福利厚生に関してはあまり期待できない」と言う事になります。 一般の求人誌や、フリーペーパーにおいて、薬剤師募集の広告が少ない理由は「薬剤師の福利厚生が良くない」と言う事と深く関係しています。 多くの企業・病院・薬局等は「薬剤師は必要だが、そこまで人件費はかけたくない」と言うのが本音で、そういった職場は、「福利厚生」に関してもあまり力を入れていない事が多く、薬剤師を始めとする従業員は、充実感を得られないという訳です。 自分の今後の生活設計を考える上でも、給与の面だけでは無く、福利厚生を確認する事も、非常に大切です。 産休や育休の充実や、スキルアップの為の支援制度など、目的によって必要な福利厚生の内容は違いますので、良く検討してみましょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜