HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職場の悩み > 患者さんとコミュニケーションがとれない

患者さんとコミュニケーションがとれない

職場の悩み

現在活躍する薬剤師の大半は、「コミュニケーション」を苦手としています。 その理由は、現在の薬剤師の大半が、従来の「4年制薬学教育」を受けている事が挙げられます。 「医薬品」に関する「創薬」「分析」と言った内容に重点を置いていた「4年制薬学教育」において、的確な薬を提供することを主体とした「臨床薬学」ならではの能力が、極めて低くなってしまった結果とも言えます。 その為、「患者様のケアに重点を置く」と言った的確な医薬品提供が、難しくなってしまったのです。 それに対して「6年制薬学教育」においては、薬剤師にとって一番大切とも言える「患者様との会話やジェスチャー」を基に「一つでも多くの患者様自身の情報」を引き出すと言った内容を、より重視した教育と言えます。 今後の薬剤師業務は、今以上に幅も広がりますので、患者様に接する機会もより一層増える事が見込まれます。 レベルの高い「薬学知識」を持つ事も従来通り必要とされますが、それ以外にも「患者様の気持ちを読み取り」「医師に対して自らの薬剤師としての考え方を伝える」と言った事が必要とされます。 その為、「薬剤師のコミュニケーション能力」の必要性は、今後益々重要視されるようになると思われます。 調剤薬局において「伝える」「聴く」「共感する」「考えてもらう」と言ったコミュニケーションは、これからの薬剤師にとって、必要不可欠な能力となります。 その為にも、言葉による説明的なコミュニケーションだけでは無く、表情やしぐさ、アイコンタクト、ジェスチャーと言った「非言語コミュニケーション」も大いに活用していく必要性があるのです。 また、患者様によっては必要に応じて、話し方・スピード・声のトーンや大きさを変える事で、より深く理解できるのです。 コミュニケーション能力を高める事は、「より患者様に寄り添える薬剤師業務」を確立する上でも、必要不可欠な能力と言えます。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜