HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > 薬剤師と医師の関係

薬剤師と医師の関係

人間関係の悩み

「疑義照会」をする事は「薬剤師」にとっての大切な義務です。
もし医師に処方されている「薬に関する飲み合わせ」等で不審に思った場合、すぐに処方した医師に、問い合わせる事は重要な義務です。

医師にとって「疑義照会」されると言う事は「プライドを傷つけられた」「間違っていると指摘された」と思い、中には「逆切れする」「機嫌が悪くなる」「怒鳴りつける」と言った場合もあります。
本来、薬に関する専門科である「薬剤師」の意見を「聞き入れる」と言う事は、医師にとっては重要な事です。
しかし、多くの場合「医師>看護師>薬剤師」と言う、間違った力関係がインプットされた医師も多く、薬剤師から直接意見を言われる事を極端に嫌う医師もいます。

「医薬分業」の大きなメリットは「医師が診断」した後に「適切だと思われる薬を処方」し、薬剤師はそれを受け、処方された薬が患者様にとって「有効且つ、安全であるかどうか」を判断する事で「二重のチェック」が可能となります。
第三者である薬剤師が間に入り、処方された薬の安全性を確認する事は「副作用」や「服薬による事故」を未然に防ぐことにも繋がり、患者様にとっても「安全な薬を飲むことが出来る」と言うメリットが生じるのです。

本来「医者は診察のプロ」ではありますが「薬のプロ」ではありません。
薬剤師程の薬の専門的知識を持ち合わせている医師は非常に少ないのが現実です。

「チーム医療」に力を入れている病院等では、このあり方を重要視する動きもあります。
医師は「診断をくだす」看護師は「患者様の体調等を管理する」そして、薬剤師は「薬の専門家」として「医師や看護師へアドバイスをする」と言う形態で、最終的な「治療方針」が決定されるのです。

「コミュニケーションを図る」と言う意味でも「医師との連絡を密に取る」また「医師の基に足を運ぶ」等の努力をする事で、円滑な業務へと繋がって行くのです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜