HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > 女性特有の社会が面倒

女性特有の社会が面倒

人間関係の悩み

薬剤師の世界は、男女比3:7と、実に女性が7割と言う独特の世界です。 勿論、男性薬剤師も存在していますが、特に調剤薬局に限定すれば、女性だけの職場も珍しくありません。 その為、女性特有の人間関係の難しさがあるようです。 薬剤師になる為には、薬学部6年制課程を入学・卒業するのですから、それなりの頭脳と、勉強に集中出来るだけのお金の余裕が無ければ難しいので、ある意味、頭脳明晰なお嬢様が多いと言う事になるようです。 難易度の高い国家試験をクリアして初めて、「薬剤師資格」を取得するのですから「自分が一番」「プライドが高い」「我が強い」と3拍子揃った女性薬剤師が誕生するのも頷けます。 薬剤師と言う職種は、資格の必要な職業なので、ある程度出産や育児を終えても、比較的パート等での職場復帰がしやすい世界でもあります。 女性のパート薬剤師を雇っている薬局などは、正社員の薬剤師(特に男性が)が、女性のパート薬剤師のプライドをそれぞれ尊重して、それぞれの「私が一番」と言う優越感を満足させることで、薬局内がぎくしゃくしないように気を遣っている事もあるようです。 また、女性は1対1の時よりも、集団になる事で必要以上のパワーを発揮します。 良い意味でのパワーを発揮してくれるのならば安心なのですが、残念ながら悪い方向のパワーの代表格である「いじめ」などに発展するパターンが多く見られます。 「お局様」的な女性薬剤師は、どこの職場にも存在します。 通常の職場ならば、男性もいるのである程度いじめもソフトですが、女性ばかりの職場では、度が行き過ぎる事もあり、難しい問題です。 お互いの年齢や、経歴・学歴。 誰が一番美人か。 結婚している・していない。 子供の有無等、男性から見てつまらない、些細な事であっても、ライバル心が芽生えるのが、女性特有の社会なのです。 摩擦の起こる原因は様々ですので、「いじめ」「トラブル」を根絶する事は難しいようです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜