HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > パワハラ・セクハラ

パワハラ・セクハラ

人間関係の悩み

薬剤師の現場でも、男女関係なく「パワハラ・セクハラ」は存在しています。 一般的に「患者さんに薬を処方する薬剤師にそんなことはあるわけない」と思われていますが、病院や薬局など、薬剤師は狭い環境での業務形態が殆どですので、毎日同じ顔を合わせて仕事をしている訳です。 その為、一度「パワハラ・セクハラ」に合うと、やむなく転職をするケースや、精神的にストレスを抱え重度のうつ病を抱えてしまう薬剤師も多くいます。 パワーハラスメント(パワハラ)とは、「職場において地位や人間関係で優位な立場の者が下の人間に対して、職務の範囲を超え、精神的・肉体的に苦痛を与える・職場環境に悪影響を及ぼす行為」とされます。 また、セクシュアルハラスメント(セクハラ)については「職場において、男女の性差別・性的嫌がらせ・それによる職場環境の悪化」等をさします。 どちらに関しても、事業者はその対策をする事が義務付けられているのですが、実際には雇用している事業者そのものが「セクハラ・パワハラ」を行っている場合もありますので、あまりあてにはならないのが現実です。 特に小中規模の薬局やドラッグストア等では、内密に処理されてしまいがちで、泣き寝入りをする薬剤師も少なくありません。 相手が雇用者や、管理薬剤師等のリーダーである場合、自分からパワハラ・セクハラを受けている事を言えず、周囲に気づいてもらえない場合もあります。 「パワハラ」も「セクハラ」も薬剤師に限らず、どの職場においても、あってはならない事です。 人によって受け止め方は違いますが、「パワハラ・セクハラ」と感じた場合、自分で対処する事はとても勇気がいります。 まずは職場の中に信頼できる相手や、問題のある人間よりも上の立場の人に相談してみる事をお勧めします。 それでも解決しない場合は、自分の為にも良好な職場環境を求めて、思い切って転職する事も必要な事です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜