HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > お局様がいる

お局様がいる

人間関係の悩み

転職の最も多い職業として挙げられる「薬剤師」ですが、離職率が多い原因の一つとして、「お局様」の存在が挙げられます。 男性薬剤師転職理由が「給与水準」に対して、女性薬剤師においては、「職場の人間関係」と言われています。 特に女性の多い職場である事から、当然上司も女性の場合が多いわけです。 長く同じ薬局に勤めている「お局様」は他の薬剤師が転職や離職していく中、同じ職場に腰を据えて従事してきたことは、ある意味では、認めざるをえません。 「薬剤師」ばかりでは無く「薬局事務職」の「お局様」が、「薬剤師の調剤業務」に対して口を挟むと言うケースもあります。 現状で約6割を女性が占める職場である為、どこの職場でも「お局様」の問題はあります。 ターゲットになりやすいのは、20代~30代の女性薬剤師で、中でも「入ったばかりで仕事が慣れていない」と言う人が被害に合いやすいようです。 多く見られる行動は「無視をする」「態度が冷たくなる」等、「明らかに敵意を感じる」と言う嫌がらせがパターン化しています。 しかしそんな「お局様」に限って、多くの場合は職務の面で、きちんとこなしているからこそ、職場としては必要と判断されているものです。 そう言った意味では、尊敬する事も必要なのかもしれません。 もし「お局様」の嫌がらせを受ける場合は、仕事として割り切るか、率先してお局様に相談や助言を求める事で、心がほぐれる場合もあります。 それでも嫌がらせが続く場合、同僚や上司に相談した上で、状況の改善が無い場合には、転職へ踏み切る事も必要です。 20代での転職であれば、前職での退職理由が妥当であれば気に病む必要はありません。 まずは、自分の心を健康にすることが「薬剤師」としての大切な仕事でもあります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜