HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > 女性が多く男性が少ない

女性が多く男性が少ない

人間関係の悩み

調剤薬局で、主に目にするのは女性薬剤師の姿です。 薬剤師の男女比は6:4と、女性6割、男性4割と圧倒的に女性の多い職場である事は間違いありません。 しかし、6年制薬剤師が誕生してからは、少しずつではありますが、男性薬剤師の活躍も目立ち始めてきました。 そうは言っても、現状はまだまだ女性の職場と言う事には変わりありません。 特に調剤薬局においては、受付で患者様やお客様に直接接する仕事を行う場合、話し方や物腰の柔らかい女性の方が適している事から、女性薬剤師が多いようです。 男性薬剤師は、主に裏方を担当するケースが多く、殆ど表に顔を見せる事が少ないこともあり、より「女性の職場」と言うイメージがあるのでしょう。 男性にとっては、女性が先輩になる場合も多く、色々と大変な部分もあると思います。 男性薬剤師の中には、「女性の上司は、気難しい面もあるので、接し方に気を遣う」「初任給は若干高めであったが、現状では同世代の男性よりも収入が少ない」「少数派なので、悩みを相談できる同棲の上司や同僚がいない」と言った意見もあるようです。 また、女性の中では「女性ばかりの職場なので、洋服や化粧も、女性の間で好感をもたれるように気を遣っている」「噂話に首を突っ込まない」「人の悪口は決して言わない」等、暗黙のルールに縛られている場合も少なくありません。 この様に女性の多い職場の場合「嫌がらせ」や「孤独感」「人に気を遣う」等、仕事上の事よりも、人間関係で苦労している薬剤師は男女ともに多いようです。 とは言うものの、出産や育児で一時的に休職や退職をしても復帰しやすい事、また男女差があまりない事もあり、薬剤師資格を持つ女性にとっては、やりがいのある仕事なのです。 その反面、男性薬剤師にとっては、正社員とパートの差があまり無く、給与の面でもさほど変わりが無いので、圧倒的に正社員の率が高い男性薬剤師の場合は、不満も多いようです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜