HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > ママ薬剤師に理解がない

ママ薬剤師に理解がない

人間関係の悩み

どの職種でも、女性の一番の悩みは「出産・育児」の問題です。 結婚後、まだ子供がいない場合には時間の余裕があるので、それまで通り正社員で働く事も可能ですが、働きながらの「出産・育児」となると、職場に理解がないと難しいのが現状です。 しかし、薬剤師に関しては産休や育休の後も比較的復帰しやすい「資格」を持つ職業なので、他の職業に比べると、女性に優しい職業とも言えます。 「若い薬剤師が多い職場」「男性ばかりの職場」の多くは、出産や子育てに対してあま理解が得られないのが現状です。 女性が多い調剤薬局でも、独身の薬剤師ばかりですと親身になって理解してもらえない事が多く、転職・退職を余儀なくされるようです。 特に「病院薬剤師」勤務時間の大半が動いている状況なので、妊娠の時点で働く事がきつくなるようです。 更に、当直・残業も当たり前なので、育児の最中には不向きです。 大学病院などの、研究を行う病院の場合、時間外の勉強時間・学会の準備期間の確保等、勤務時間以外の時間も考慮しなければならない事が多いので、独身方が集中して業務に携われることもあり、ママ薬剤師には難しい職場です。 中には、「先輩より早く来て、先輩より遅く帰る」と言うルールがある職場もあります。 求人を見て出産や育児に関して記載が無い職場は、ママ薬剤師に対して理解が得られない事が多いので、注意して応募するようにしましょう。 比較的働きやすいとされているのが「調剤薬局」です。 大半の調剤薬局は、育児中のパート薬剤師を多く雇用する事で、育児での急な休みにも対応できるようにシフトを組んでくれています。 パートであれば、残業も少なく、何よりも同じ境遇の「ママ薬剤師」だからこそ、お互い理解しあって、育児に関する助け合いの精神が職場に行き渡っているのです。 こういった職場を事前に調査する事で「ママ薬剤師」として、知識と経験をフルに活用して、仕事ができると言う事です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜