HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > 上司との考え方の違い

上司との考え方の違い

人間関係の悩み

薬剤師ばかりでは無く、どの職場でも同じですが「上司との考え方の違い」を、退職の理由にするケースが多く見られます。 特に薬剤師の場合は転職の多い職業ですので、転職の際の面接で、前職の離職理由を必ず質問されると思います。 その時に「上司との考え方の違い」を理由として挙げる事は、正直転職には不利な理由と言えます。 なぜなら「上司」が本当に間違った考えを推し進めているなら別ですが、大半は、そうではない場合があるからです。 多くの上司は、ある程度薬剤師としての経験を積んできていますので、それよりも勤続年数の少ない薬剤師に物申すのは当たり前の事です。 また、年齢は自分より年下だとしても、「上司」であると言う事は、その職場においての知識が豊富だと言う事です。 良く「いつも上司に怒られてばかりで仕事を辞めたい」と話す人がいらっしゃいますが、決して虐めている訳ではありません。 期待しているからこそ、正しい知識を持ってほしいと思い、注意するのです。 怒っている上司にしても、本当は怒りたくはないのです。 ただ、人の健康や命に携わる薬剤師だからこそ、ミスは許されないのです。 そう言った面で、期待がある部下には、愛の鞭を振るう場合もあるのです。 これらを考慮した上で、上司からの言葉に耳を傾けてみる事も必要なのです。 もし、上司と考え方の違いで注意を受けたとしたら、まずは冷静になって、注意された内容をしっかりと受け止めてみましょう。 もしかしたら、今まで知らなかった知識を教えてくれているかもしれません。 今まで、間違った知識で、仕事をしていたかもしれません。 その上で「ありがとうございます」と言葉にする事で、上司も「わかってくれてよかった」と思ってくれるはずです。 「上司との考え方の違い」は、「今の自分を見直すチャンスである」と、まずは受け止めてみましょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜