HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > 上下関係が不安

上下関係が不安

人間関係の悩み
写真:男性と女性

転職を希望する「薬剤師」の多くは「人間関係の難しさ」が原因となっているようです。元々「女性の活躍する職場」として知られている薬剤師業界だからこそ起こる、人間関係の難しさと言うものもあります。
特に「上下関係」や「派閥」等は、男性の多い他の業種よりも遥に多く存在します。
女性の仕事に対するプライドは男性のそれよりも高いとされている為、特に「上下関係」に関しては、かなり厳しい薬剤師も多く存在しています。

薬剤師の殆どは「調剤薬局」等の狭い職場環境で仕事をしている場合が多いと思われます。
そういった背景があるからこそ「上司との関係を悪くする」=「職場での人間関係も悪くなる」と言う図式が出来上がってしまうのです。

以前の職場で上手く「上下関係」を構築する事が出来ず「人間関係」も上手くいかなかった場合、不安を持たれるのは当たり前の事です。
それが原因で転職をされるのであれば、なおさら転職先での「上下関係」に敏感になってしまうはずです。

転職をする際に必ずしておきたい事は「事前に転職先の職場環境を調べておく」と言う事です。
また次の職場でも、同じ原因で転職をする事になってしまっては、今後の薬剤師としての業務に支障をきたす事になります。

転職先の求人を探す際に「条件」や「待遇」が良いにも関わらず「離職率の高い職場」は「人間関係」「職場環境」に問題がある事が多いとされています。
出来れば「転職支援会社」等を通して求人を探し、担当コンサルタントに相談してみるのも良い方法です。

その上で、やはり「上下関係」または「対人関係」に悩むようであれば、思い切って「一人勤務」の薬局への転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
または、人数的にも、多くて2~3人と言う職場であれば「お互いにフォローし合う」と言う「人間関係」が構築され、自然と「上下関係」を意識する必要がなくなる場合もあります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜