HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > 派遣いじめ

派遣いじめ

人間関係の悩み

薬剤師の人間関係の難しさは、広く知られています。 特に、20代~30代の薬剤師の場合、いじめに合いやすい事もあり、転職率が高くなります。 転職の際に「派遣」と言う選択肢もありますが、「派遣」の働き方には、なぜかマイナスのイメージがあるようで、派遣を避ける薬剤師もいらっしゃいます。 実際に様々な職種で「派遣」の形で働く人が増えていますが、多くのイメージは「無責任」「安定感がない」「長く働けない」「将来性が無い」等、上げればキリが有りません。 勿論、同じ職場で長く働いた方が良いのでしょうが、現実では「いじめ」や「パワハラ」等の人間関係に悩み、転職するケースが多いのが薬剤師の世界です。 逆に考えれば「派遣はすぐに職場が変われる」と言うメリットがあるのです。 派遣薬剤師に対する「いじめ」は確かに多いのですが、あまり問題にされないのは「派遣薬剤師には、契約期間がある」からなのです。 もし、「自分に合わない」「いじめにあっている」と言った場合、次の契約を更新しなければ良いのです。 また、「いじめ」の問題が持ち上がった時点で、派遣会社のスタッフに相談することが出来ますから、いじめられている事実を報告する事で、派遣会社のスタッフから派遣先の会社に不都合な事を報告してくれます。 ですから、直接自分で問題解決する必要もありません。 パートや社員のように人間関係に嫌な思いをしながら、働く必要もないのです。 薬局やドラッグストアで「派遣薬剤師」を募集するのには理由があります。 派遣に求めている事は「現場での即戦力」だからです。 つまり、今現在「戦力になる薬剤師がいない」と言う事になります。 ですから多くの「派遣薬剤師」は派遣先からとても大事にされます。 万一いじめに合ったとしても、派遣会社に申し出るか、契約を更新しなければ良いと気軽に感がえられます。 「いじめ」に悩んでいるのであれば「派遣」と言う選択肢も良いと思います。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜