HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 人間関係の悩み > 患者との接し方

患者との接し方

人間関係の悩み

薬剤師として「どのように患者様と接するべきか」と「患者様との接し方」に悩んでおられる薬剤師さんも多くいらっしゃいます。

まず一番大切な事は「患者様にいつも寄り添う事が出きる薬剤師」となる事です。
その為に必要な方法をいくつか挙げて行きましょう。

第一に「元気な挨拶」です。
薬局の薬剤師は特に、「サービス業の一つでもある」と言う事を忘れては行けません。
まずは「おはようございます」「こんにちは」等の挨拶をする事で患者様との距離を縮める事が必要です。病気が思うように治療できずに、イライラしている患者様もいらっしゃいます。
そのような時に、元気に「こんにちは」と挨拶をされたら嫌な気持ちも少しだけ癒されるはずです。

また、挨拶に次いで忘れてはいけないのが「笑顔」です。
調剤薬局の場合、患者様と会話をする機会も多く存在します。
そのような時に必要とされるのが「笑顔でのコミュニケーション」です。
体調が悪いからこそ病院で診察をして貰い、薬局に処方箋を出しているのですから、そう言った患者様の体調や気持ちを考慮して笑顔で対応する事はとても大切な事であり、薬剤師としての役割の一つでもあるのです。

最後に「薬剤師の大切な役割」である「服薬指導」の方法です。
この服薬指導の意味は、お薬の飲み方を指導する事は勿論の事、副作用や処方されている薬がどのような効果や作用が有るのかをきちんと説明する為の大切な時間でもあります。
患者様の不安や疑問を取り除く為にも、この「服薬指導」は丁寧に判りやすく、専門用語を使わないよう注意をすることが大切です。

その他にも、待ち時間が長くイライラしたり、気分が悪くなる患者様がいらっしゃることもあります。そのような時に、一声かけて患者様の気持ちをほぐして差し上げる事も、薬剤師の役割の一つです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜