HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 薬剤師の悩み > ベテラン薬剤師の悩み

ベテラン薬剤師の悩み

薬剤師の悩み

「薬剤師」として、「ベテラン」と言われる方々は、大半は50代を過ぎ、そろそろ「定年退職」の時期へと差し掛かってきます。

また、今の勤務先の給与や待遇等で、不満があったとしても「この年齢では転職は無理だ」と思われている薬剤師も多く、今後の仕事への道筋を見極める、大切な「ターニングポイント」を迎えられている場合が少なくありません。

「50代」または「定年退職後」の薬剤師の大きな悩みは「年齢」と言われています。

調剤薬局等で、管理薬剤師や、薬局長 になられているならまだしも、若い頃に転職を繰り返していたことで、役職が届いていない場合もあります。
そうなると、給与的にも頭打ちとなり、仕事に「モチベーション」が持てなくなってくるのも無理のないことかもしれません。

そういった悩みを持つ薬剤師の解決方法には2つの選択肢が有ります。
一つは「調剤薬局を開業する」事です。
「自分で開業する」と言う事にいささか不安は感じるかもしれませんが、大手の調剤薬局の中には「フランチャイズ制」を導入しており、一定期間の研修の後に「店舗設立」の為の資金を融資してくれる所もあります。
また、「自己資金で」と言う場合にも、今まで培ってきたノウハウ等を利用して開業している薬剤師も多くいらっしゃいます。

もう一つは、「ベテラン薬剤師を必要としている転職先」を見つける事です。
「年齢的に無理」と思っているのは自分だけであって、実は地方の「薬局」や「病院」等では、現在若い新人薬剤師ばかりで安心できる「ベテラン薬剤師」がいない事が問題となっている所は少なくありません。

「子供も手を離れている」と言う場合や、「地元に戻ってみたい」と言う希望があれば、地方への転職先は、充分に探せます。

地方であれば給与も都会よりずっと良く、中には転職時の「引っ越し代」や「面接交通費」「住宅提供」を行ってくれる場所もあります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜