HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 薬剤師の悩み > 新人薬剤師に多い悩み

新人薬剤師に多い悩み

薬剤師の悩み

多くの先輩薬剤師も就職後1年以内に退職を考えたことがある

どの職種に就いても、新人の時は誰でも悩みはあるものです。
薬剤師に関しても同じで、学生から社会人になったばかりに加えて、薬剤師業務と言う「医療関連」の仕事に従事している訳ですから、始めのうちは緊張して当たり前です。

多くの新人薬剤師は働き始めたばかりでも「辞めたい」と思う事があるようで、先輩薬剤師への調査で就職後1年以内に「退職」を考えたことがあると言う結果が出ています。

それだけ「薬剤師」と言う仕事は、きつい部分もあると言う事です。

実際にどのような理由で悩んでいるのでしょうか

多くは「人間関係」「やりがい」「給与」「休日」に関しての事が多く、これらの悩みはある程度自分の努力で乗り越えている方が殆どのようです。

「人間関係」と言う部分においては、新人だけでは無く、ベテランの薬剤師でさえもストレスを感じる事があるようです。
特に新人時代は、指導をしてくださる先輩薬剤師から注意された事を「怒られた」と感じ、そのまま上手くいかなくなってしまうケースもあります。
そういった関係を乗り越えられる薬剤師の多くは、大抵は日を追うごとに、自分の技術が上達する事で、先輩からも褒められるようになり解決する事が多いようです。

「やりがい」に関しては「学生時代に思い描いていた事と違う」と言うギャップから生まれてくるようです。
中には、やりがいを見つけて転職する薬剤師もいますが、中には、現状の職場で新たな発見をする事で、それが「やりがい」となる事もあります。
「やりがいを見つける」事も、成長の一つかと思います。

「給与」や「休日」に関しては、気持ちと言うよりも、物理的な理由でもありますので、少し頑張ってみる事も必要です。

それでも「難しい」と思われる場合は、自分の条件に合った職場を見つけ転職する事も一つの方法です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜