HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 薬剤師の悩み > 薬剤師の悩みはどんなものがある?

薬剤師の悩みはどんなものがある?

薬剤師の悩み
親

薬剤師の悩みといえば、人間関係につきます。 特に、パート薬剤師は正社員の薬剤師とおりがあわないことが多く、精神的にイライラが募り頭痛など、身体的ダメージも表れます。 体力的には比較的に楽な仕事ですが、精神的にはストレスを抱え込みやすい仕事です。

【業界最大数の案件!自分にあったものが選べる】詳細はコチラから

職場での悩み

職場によって関わる相手、関わり方は様々です。

iryou_jujisya

■病院

医師、看護師、患者さんとのかかわり方

■調剤薬局

パート、正社員、薬局長とのかかわり方

■ドラッグストア

パート、アルバイトとのかかわり方

ある調剤薬局でのトラブルの事例です。 正社員の薬剤師、パート薬剤師、調剤事務の人など、女性ばかりの職場ですが、仕事ができないというわけではなく、性格が合わないということで、他の社員が社長に通告し、解雇に追い込まれたそうです。

人間関係が影響する場合もあるので、うまくコミュニケーションがとれるようにしておくと良いでしょう。

時には危険なことも

counselor

仕事上、推し進めるのには無理があると感じるのは在宅医療だそうです。 薬剤師の在宅医療は患者さん宅に薬を届け、家に上がって、服薬指導、薬の管理の仕方をチェックすることですが、家の中に上がるのが問題視されています。 様々な理由で、患者さん側があがらせないこともあります。

また、人件費の問題で、女性一人で在宅医療を勤めなければならず、ある意味では危険なこともあります。 実際、患者さん宅を訪問したケースワーカーが暴行を受けたという話もあります。 かといって、薬を玄関先で渡すだけでは、ただの薬配達人でしかありません。 これは、やはり考え物です。

職場復帰への悩み

給料が安くて悩んでいるといったことが少なかったので、給料面では満足されているようです。 しかし、上司や周りにいる人から辞めてほしいといった解雇通知を渡されることも、まれにあるようです。

ブランクが長いと職場復帰が大変という悩みも多くみられました。 薬剤師免許を持っているだけでなく、職場復帰のための勉強は、常に欠かせません。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜