HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 性格別の悩み > ストレートな発言で相手を傷つけてしまう

ストレートな発言で相手を傷つけてしまう

性格別の悩み

人によって、もって生まれた性格と言うものが有り、同僚や患者様に対して「ストレートな発言で相手を傷つけてしまう」と言う場合もあります。

物おじせずに発言を出来ると言う事は長所でもありますが、やはりそれを受け止められるだけの器の大きい人ばかりではありません。

例えば同僚と仕事をしていて、調剤薬局等の、人数が少なく狭い職場内では、お互いの思いやりでなりたっている場合が殆どです。
そのような環境下で、同僚に「ストレートな発言」をする事はあまり好ましい事ではありません。
仮に、混雑しているにも関わらず仕事のペースが遅い薬剤師がいたとしても、「もう少し仕事早くした方がいいと思うわ」等、ストレートに自分の意見をぶつけるのは決して良い事ではありません。
この様な場合、「次の患者様もお待ちになっているから、ちょっとだけ頑張って早く終わらせましょうか」等、柔かい調子で遠回しに注意を促す事も大切です。

また、患者様も、薬に対する不安が非常に大きい方もいらっしゃいます。
そのような患者様に「このお薬は、○○と言う薬で○○と言う副作用が出る可能性もありますから気を付けてください」と、内容だけをきっちり説明するのではなく、出来れば副作用への不安感を軽減する為にも「○○と言う副作用はありますが、○○の効果が非常に大きくメリットの方が多いので、安心して服用してくださいね。もし副作用が出た時にはすぐに医師か私たち薬剤師に相談してください」と、思いやりの言葉を付け加えてあげる事が大切です。

「性格」は、そう簡単に治る物ではありません。
しかし、薬剤師と言う仕事柄「相手を気遣う気持ち」を持つ事はとても大切な事です。
自分が少しでも「ストレートに言ってしまう」と感じているのであれば、気を付けてみましょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜