HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 性格別の悩み > 人見知りが激しい

人見知りが激しい

性格別の悩み

「緊張してうまく話せない」「本音を出したら嫌われるのでは」と言う人を、総称して「人見知り」と呼びます。 特に薬剤師の場合、患者様とのコミュニケーションを必要とする為「人見知り」は、克服したい癖の一つです。 こういった人は必ず「なんとか克服しよう」と、毎回力が入りすぎ「上手くいかない。やっぱり無理だ」と諦めてしまい、無限ループに陥ってしまいがちです。 その為、更に「人見知り」が強固なものになってしまうのです。 この原因は「人にどう思われているか不安だ」と言う恐怖心が大きく影響しています。 これは、「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」と言うことわざ通り、実際にはたいしたことの無い事に「物凄く恐怖心を抱いている」と言う可能性が高いと思われます。 まずは相手の事をきちんと知る為にも。近づくことが必要です。 その方法は「挨拶」です。 最初からいきなり「センスの良い会話をして自分に興味を持ってもらおう」等、ハードルの高い課題を実行しようとはしていませんか。 まずは、小さな課題を克服する事です。 「挨拶」を毎回出来るようになった時点で、やっとスタートラインに立てるのです。 次に、相手から話しかけられたら「相手の話に耳を傾ける」だけで状況は一変します。 今までは恐怖のあまり、話しかけられる事でパニックになり、自分から一生懸命話題を提供しようと、相手の話に耳を傾ける事無く話していたと思います。 その時点で、アウトです。 自分から話す事が苦手なら、まずは「聴く」ことです。 その上で、相手に答えを求められたら「自分の意見を話す」だけで良いのです。 「カッコよく話そう」とする必要はありません。 話し方など誰も気にしていないからです。 語尾に必ず「どうかな」「私も」「本当に?」等を付けくわえる事で、相手は更に話しやすくなり、再度意見を求めてきます。 これを続ける事で「人見知り」の無限ループから解放される筈です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜