HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 性格別の悩み > 将来の夢がない

将来の夢がない

性格別の悩み

「薬剤師」をしていて「やりがいを感じない」と言う方の話を良く耳にします。
そう言った理由で転職をされる方も多くいらっしゃいますので、一概には言えませんが、果たしてその転職には「意味」が有るのでしょうか。

もし、今の職場で「やりがいが無い」と言う理由から、転職をしたとしたら、きっとまた、同じ理由で転職を繰り返す事になります。

もし「転職」をする理由が「やりがいが無い」と言うのであれば、まず自分に「やりがいを」感じさせてくれる「魅力的なものとは一体何なのか」を良く分析してみる事が、大変重要な事でもあります。

「魅力的なもの」と言われても、「中々思いつかない」「転職さえすればすぐに見つかる」等と思っているのであれば、一生「やりがい」等はみつかりません。
良く「自分探し」と言う言葉を口にする人がいますが、これは自分にとっての、都合の良い言い訳でしかありません。

「やりがい」とは「将来の夢を持つ事」です。
「将来の夢」を持つ事で、大きな目標が出来ます。
それによって、人はそれを達成するための手段を考えて行くのです。
その手段が「やりがい」なのです。

ですから「将来に夢が持てない」と言う方は、残念ながら、いつまでたっても、現状を抜け出す事は不可能でしょう。

「やりがい」つまり「将来の夢」は、人から与えられるものではありません。
また、職場で見つける事でもありません。

例えば「将来は、患者様の話に根気よく耳を傾け、癒しを提供したい」と言う薬剤師であれば、それを現実的に確かな物にする為にも「カウンセラー」の資格を取る事も考えられる筈です。
また「将来的には自分の薬局を持ちたい」と思うのであれば、薬剤師の経験や知識だけでは無く「経営のノウハウ」や「薬局事務」も知っておいた方が良いと思われるはずです。

いずれにしても「将来の夢」を持つことは、薬剤師にとって「やりがい」を見つけ、大きく成長させてくれる糧となるのです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜