HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 性格別の悩み > プライドが高い

プライドが高い

性格別の悩み
女性怒っている

どんなに知識や経験があったとしても「プライドが高い」方は、少々薬剤師には不向きかもしれません。

患者様と対面して会話をする際に、患者様自身は、わからない事・疑問に思った事・薬に対する不安などの様々な心配事を質問してきます。
「薬の専門家」である薬剤師からすれば「そんな簡単な事」と思うような事もあります。
その度に「プライドが高い」薬剤師は、患者様の目線に立つ事をせずに、自分の知識をひけらかすかのような態度で、患者様に接する人もいます。
中には、ほぼ「お説教」のように、延々と質問に対する専門知識を並び立てる薬剤師もいます。

「薬剤師」が「薬の専門家」である事は誰もが承知している事実です。
ですから、患者様は薬局の薬剤師のもとに、薬を求めやってくるのです。

薬剤師として大切な事は「能ある鷹は爪を隠す」と言う事です。
決して、自分の高い知識や、技術をひけらかすような事をしてはいけません。
「プライドが高い」あまり、万一間違いや質問に対して的確に答えられない場合にも、きちんと謝罪する事も出来なくなってしまいます。

患者様と薬剤師は全て信頼関係で結ばれています。
患者様にとって、必要としている薬剤師は「知識が豊富で仕事が出来る薬剤師」ではありません。
出来るだけ自分たちの目線まで下りてきて、専門用語などを使わず、判りやすい説明をしてくれる薬剤師なのです。
「仕事が出来ない薬剤師」よりは「仕事が出来る薬剤師」の方が、勿論薬局としては必要ですが、「プライドが高い」薬剤師を雇うことほど、薬局に不利益な事はありません。
患者様が必要としない、あるいは薬局から足が遠のく原因ともなりかねない薬剤師は、正直雇いたくないのが事実です。

薬剤師として「プライドを高く」持ちたいのであれば、知識や技術に対してでは無く「患者様に愛される薬剤師」になる事で、薬剤師としての経験値を積む事です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜