HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 薬剤師はどのようなことに悩んでいるのか?

薬剤師はどのようなことに悩んでいるのか?

転職の悩み

「調剤薬局」等では、狭い限られたスペースの中での仕事となりますので、価値観の違いから人間関係が徐々に崩れていくケースは多く見受けられます。

人間関係で悩みながら仕事を続けるよりも、思い切って転職を考えてみてはいかがでしょうか?

薬剤師同士の人間関係だけでなく、
「事務員との人間関係」
「登録販売者との人間関係」
など、薬剤師の人間関係の悩みは多種多様化しているのが現状です。

【転職による職種(業務内容)の変化】

同じ「薬剤師」でも勤務する場所によって業務内容が異なります。そのため、転職して慣れない業務に悩んでいる方もいます。 転職する時には、具体的な業務内容を事前に知ることが大切です。

勤務場所主な業務内容
調剤薬局患者さんの接客、服薬指導、調剤業務、薬歴管理、処方箋管理、
ドラッグストア患者さんの接客、服薬指導、一般用医薬品(市販薬)の販売、品出し、レジ打ち
病院薬剤師患者さんの接客、服薬指導、調剤業務、薬歴管理、注射薬調剤、業務医薬品の管理・供給
製薬会社MR(医薬情報担当者)、CRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)、新薬の研究・開発

【患者さんからのクレーム】

  • 薬の受け取り待ち時間
  • 処方ミス
  • 薬局による価格の相違

中でも薬を出すのが遅いのでイライラするというのが一番多いクレームです。薬剤師の患者さんへの接客は、一般の小売店舗と同じ接客レベルが求められており、薬剤師研修でも講義の対象になっています。


【ブランク】


薬剤師の約70%が女性です。そのため結婚・育児を期に仕事を辞め、数年後に復職するケースが多いです。ブランクがあっても転職ができるのか心配になりますよね。

「調剤薬局」や「ドラッグストア」への転職や再就職は、たいていの場合「ブランク研修」が用意されており、ブランクがあることを理解してもらえるので安心して働くことが出来ます。
「ブランク」が不利なのは「病院薬剤師」と「研究職」です。「研究職」に関しては「知識よりも実績」が問われます。「病院薬剤師」に関しては、現場での「知識・勘・技術」が必要とされますので、現場に入ってそれらを取り戻すには時間も掛かる事から、求人はきわめて少ないと言えます。

他の職種からの転職、離職してからの再就職に関しては「ブランク有・未経験者歓迎」と言う職場を探す事が無難です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜