HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > モンスター客 > 「強い」「弱い」で薬を判断する

「強い」「弱い」で薬を判断する

モンスター客

薬剤師にとって患者さんとのコミュニケーションはとても大切なポイントになります。 できるだけ患者さんとより良い付き合いができるように、コミュニケーションスキルを高めていかなければなりません。 患者さんの中には「強い」「弱い」で薬を判断する人も多いのが事実です。 実際に「この薬の効果は強いのか」と聞かれた人も少なくありません。 もし患者さんから聞かれたらどのように答えれば良いのか、対処法について説明します。気になっている人はぜひチェックしてくださいね。 ●患者さんによって判断基準が違う 人によって考え方や受け止め方が違うように、患者さんによって「強い」「弱い」判断基準も異なります。 どこから「強い」薬になるのか患者さんによってバラバラですし、効果も体質によって異なるのでハッキリと答えるのは難しいのです。 そのため、もし患者さんから聞かれた場合は一概に「強い」「弱い」と言わない方がベストです。 分からないのにハッキリ言ってしまうと後でクレーマーになるので注意してください。 ●薬に対する不安を取り除くように説明する ハッキリと答えることができなければどうやって対処すべきか悩みます。 「強い」か「弱い」か知りたがっている患者さんは薬に対して不安に感じている証拠です。より詳しく把握できていないので安心できるように薬の説明をしてください。 どのような薬で効果があるのか、副作用や注意点についても詳しく説明することが大切です。 患者さんの症状・体質に合わせて調剤されているので、どのような効果があるのか知りたがっています。 患者さんが安心した顔つきになるまで細かく説明し、質問があれば丁寧に答えてください。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜