HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > モンスター客 > ワクチンを打てば感染しないと思っている

ワクチンを打てば感染しないと思っている

モンスター客

インフルエンザが流行すると、誰もが「インフルエンザの予防接種(ワクチン)をしなくてはならない」と思われています。 更に「予防接種(ワクチン)をしたから、絶対に感染しない」と思っている方が多いようです。 「予防接種(ワクチン)」と言うのは、感染を「予防」「重症化させない」為に摂取する者なので、「絶対感染しない万能薬」ではありません。 「ワクチン接種」をしても、常に感染しないように「予防」を心掛ける事も必要です。 患者様の中には「予防接種(ワクチン)を打ったから感染しない」と誤解されている方いますので、インフルエンザの流行時に、平気でマスクもかけずにやってくる患者様もいらっしゃいます。 万一、感染したことに「全く気付かない・症状が出ない」と言った「不顕性感染」だったとしたら、他の患者様に感染する恐れもあります。 病院や調剤薬局は、特に免疫力や体力が衰えている方々が、病気の治療やお薬を処方される為にいらしている場所ですので、出来るだけマスクを装着する事が勧められています。 もし「ワクチンを打ったから感染しない」と思っている患者様がいらした時は、間違った知識を持っている事や、予防をしない事に対して非難をしてはいけません。 患者様は「間違った知識を最初に知ってしまった」または「間違った情報を信じてしまった」からなのです。 「感染症の流行を防ぐ」と言う意味でも、そういう「間違った情報・知識」を持っている患者様に「正しい知識・情報」を提供して差し上げる事は薬剤師業務の一環でもあります。 現在「ウイルスの感染を完全に防げるワクチン」は無いと言う事を、常に認識して頂く為にも、「予防接種・ワクチン接種に関するパンフレット」等を利用して、患者様に正しい情報を提供して差し上げてみてはいかがでしょうか。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜