HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > モンスター客 > 大量服用で死亡する

大量服用で死亡する

モンスター客

「オーバードース」と言う言葉が、最近巷に溢れています。 薬の大量摂取・過剰摂取により、身体・精神に悪影響を及ぼすばかりでは無く、最悪の場合、死に至るケースが多く報告されています。 多くは、医療用に処方された薬によるもので、非合法の薬物よりも多いと言う事です。 大量摂取・過剰摂取による死亡例は、多い物で「睡眠薬」「向精神薬」によるものが挙げられています。 特に精神疾患による患者様は、必要により服薬による経過を観察する事も重要です。 「うつ病」と言う辛い症状を抱えている患者様だからこそ、コミュニケーションが必要とされます。 うつ病の患者様は、人と接する事を極力避けたがる傾向にあります。 それは人に対しての恐怖心が大きく手伝っています。 ですから、特に最初のコミュニケーションには細心の注意が必要です。 「パーソナルスペース」に注意しながら、患者様の心を開いていく事が重要とされます。 その後、正しい服薬指導をする上で「大量摂取・過剰摂取」の危険性を説明しましょう。 処方されたお薬は、必要があって医師から処方されているのですが、やはり危険性は否定できません。 処方する際に、他の薬を服用、または重複して処方されていないかも確認するべき重要事項ですが、患者様本人の気持ちもありますので、中々状況の把握は難しいと思われます。 出来る限りのコミュニケーションを図る事で、薬の大量摂取・過剰摂取による事故を、未然に防ぐ努力も必要だと思います。 また「アセトアミノフェン」を含む風邪薬の大量摂取でも死亡事故が確認されています。 誰もが飲む薬なので、つい安心してしまいがちですが、大量・過剰摂取にプラスして、アルコールと一緒に服用する事で、事故に繋がります。 日常アルコールを摂取している患者様に対しても「大量・過剰摂取」による「死に至る危険性」を必ず説明する事で、事故を未然に防ぐことも可能なのです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜