HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > モンスター客 > 調剤の邪魔をしてくる

調剤の邪魔をしてくる

モンスター客

薬剤師の仕事として「調剤業務」がありますが、「間違えてはいけない」と言う思いで、一心不乱に薬と向き合っている薬剤師がいます。 そんな時に、患者様から声を掛けられたり、疑問に思った事を途中で質問されたりすると、それを邪魔に思うのか、明らかに面倒くさそうにそっけない返事や、無視する薬剤師もいます。 確かに、調剤は間違えてはいけない業務ですので、真剣に取り組む姿勢は良い事ですが、 「調剤している薬は、患者様の為」であって「薬剤師の業務を遂行するための調剤」では無いのです。 患者様の中には、最初に「ジェネリック」を選択したにも関わらず「やはり先発医薬品に変えてくれ」とおっしゃる患者様もいらっしゃいます。 「せっかく調剤したのに、また最初からやり直しするの」と苛立つ気持ちはわかります。 しかし、患者様は「後発医薬品」への不安があったのでしょう。 そのような時は、患者様の不安を取り除く為にも、ゆっくり患者様の疑問や不安に耳を傾けてあげる事が必要です。 調剤の途中で時間を割く事は、他のお待ちいただいている患者様にも迷惑ではありますが、患者様が不安を取り除いて「安心・納得」した上で「服薬・治療」をしていただく事が重要なのです。 また「想定外の邪魔」をされるケースとして、患者様からプライベートなお話を、される事もあります。 例えば「恋人はいるか」「休日はあるのか」「今日の晩御飯は何食べるの」等、調剤に全く関係ない話をしてくるケースです。 しかし、このような場合も、今大切な調剤をしている事をお話しして「これが終わってからお答えしますね」等、柔らかい口調でお断りする事も必要です。 薬剤師に話しかける患者様の大半は、信頼を持っているからこそ話しかけてくるケースが殆どです。 ある意味「薬剤師を信頼してくれている」事を「ありがたい」と思い、やんわりと「いま大切なお薬用意してますね」等、調剤中である事をお伝えしましょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜