HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > モンスター客 > 処方箋の説明を勘違いして効果がないと文句を言う

処方箋の説明を勘違いして効果がないと文句を言う

モンスター客

「薬剤師」は必ず、患者様にお薬をお渡しする際に、薬剤の説明をする事が義務付けられています。 理由としては、効果的に薬剤を服用する事で、適切な治療と効果が期待できるからです。 また、間違った量の服用や服薬方法は、健康を悪化させる場合もあります。 そればかりか、副作用・服薬による事故を引き起こす可能性もあるのです。 しかし、患者様の中には、きちんと処方箋の説明を受けたにも関わらず、勘違いして「効果が無い」とおっしゃる方もいらっしゃいます。 この様な場合、患者様が勘違いされた理由には「薬剤師の説明不足」も原因の一つである事を認識しましょう。 まずは、患者様に対して「説明が不十分」だった事をお詫びをする事が必要です。 文句をおっしゃって来る患者様は、大半が苛立っている訳ですから、そこで患者様を非難するような態度を取る事は、火に油を注ぐようなものです。 まずは、患者様の心を穏やかにして頂く事に努めましょう。 患者様の心が穏やかになった時点で、患者様のお話をお伺いします。 その後、どのようにお薬を服用されたのかを、丁寧お伺いした上で、患者様の疑問点や、勘違いされている部分を確認しましょう。 丁寧に、患者様がきちんと処方箋の説明を理解されているかどうかを確認しながら、説明する事が必要です。 その際には、アイコンタクト・身振り手振りを交える事も必要です。 患者様に、説明を理解して頂く事は「薬剤師の業務を遂行する」と言う事ばかりではありません。 確かに、処方箋の説明をする事は仕事の一つです。 しかし、説明を通じる事で、患者様の疑問や不安に対しても、的確にお答えする事が出来るのです。 患者様の疑問・不安・不信感を取り除く為にも、丁寧な説明できちんと理解して頂く事が大切です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜