HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > モンスター客 > 薬局内でゲロを吐かれる

薬局内でゲロを吐かれる

モンスター客

薬局ですので、当然患者様は、具合の悪い患者様である事は当たり前の事です。 薬局店内で、お薬を待っている間にも、体調が悪化する場合もあります。 病状によっては店内で、嘔吐される患者様もいらっしゃいます。 そのような時に、迅速に対応する事が必要なのですが、薬剤師によっては「これは薬剤師の仕事ではない」と無視して、自分の仕事を優先させている方もいらっしゃいます。 勿論、患者様も嘔吐してしまった場合、自分で嘔吐物を処理している方もいらっしゃいますが、これに関しては、他の患者様にも迷惑が掛かりますし、その様子を見たことで、更に体調を悪化させる患者様もいらっしゃいます。 もしこのような患者様がいらっしゃった場合は、今対応している患者様にはお詫びをして、少々お待ちいただく事も必要です。 まずは嘔吐された患者様に、まだ吐き気がするか確認して、バケツもしくはトイレへ誘導してあげる事も必要です。 大切なのは患者様の気持ちにになって対応する事です。 確かに、嘔吐された場合、嘔吐物や悪臭もあるので、薬剤師自身も気分が悪くなるのが当たり前ではありますが、当事者の患者様自身は、もっと体調が悪いのだと言う事を認識し、決して患者様を非難するような対応をしないように心がけましょう。 万一、嘔吐された患者様が、ウィルス性の病気や、伝染性のある病気の場合もありますので、確認した上で、それに合った嘔吐物の処理を行います。 その後、店内が非常に混んでいる場合などは、通常は「順番通り」と言うのが基本ですが、そこは臨機応変に、嘔吐された患者様のお薬を優先させる事も必要です。 その後対応する患者様には、必ずお待たせしたことをお詫びしましょう。 緊急時であれば、それに腹を立てる人はいません。 まずは、店内の状況を見て、場合によっては「マニュアル通り」では無く、臨機応変な対応をする事も必要です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜