HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > モンスター客 > 薬は安ければいいと思っている

薬は安ければいいと思っている

モンスター客

患者さんの中には「薬は安ければいい」と思っている人がいます。 できるだけ薬の費用を抑えようと安い薬ばかり注目し、薬剤師に安い薬を処方してほしいと頼む人までいるので適切に対処しなければなりません。 では、どのように対処すれば良いのか具体的な方法について説明します。 ●「薬」の重要性について説明する 薬は安ければいいわけではありません。それは薬剤師が1番分かっていることではないでしょうか。 いかにその人の症状に効果的か、体質や症状を考慮しながら薬の処方を行います。 今まで服用してきた薬があればその薬との併用性も考えなければなりませんし、治療中の病気があれば相性もチェックすることが大切です。 そのことを「安ければいい」と思っている患者さんに伝えてください。 患者さんは症状や病気を治すために薬を飲みます。安い薬でもあなたに合わなければ効果がないことを伝えるのです。 「薬」の重要性について詳しく、納得できるように説明すればモンスター客も理解してくれます。 ●実際の事例を紹介する いくら患者さんに説明しても分かってもらえない場合は、実際に体質や症状に合っていない安い薬を利用してスムーズに治療できなかった事例を紹介してください。 実際に起きた例を紹介すれば、患者さんの理解もより深まるに違いないです。 「こんなことが起きたんだ」「薬は安ければいいわけではないんだ」と理解してくれるまで分かりやすく説明することも薬剤師の大切な役割になります。 理解してくれないからそのまま放置するということがないように気をつけてくださいね。 患者さんと面と向かって真剣に向き合うことも薬剤師のスキルアップに繋がります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜