HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > モンスター客 > 薬を飲んでいても予防接種は受けられると思っている

薬を飲んでいても予防接種は受けられると思っている

モンスター客

基本的には、風邪薬程度のお薬であれば予防接種は可能ではありますが、医師によってはお断りされる場合もあります。 また、喘息やてんかん等の慢性疾患のお薬(体調を安定させる為に必要なお薬)も、予防接種は可能です。 何より、体調を安定させ、良好な状態で予防接種に臨む方が良いからです。 心配なさる患者様に相談を受けた場合は、丁寧にお詫びをして、原則として「薬を服用中の方は、予防接種を受ける際は主治医の許可を得るべき事」をお伝えした上で、薬剤師では無く、薬を処方している主治医に相談する事をお勧めしましょう。 服用中のお薬の中には、絶対に予防接種を出来ないお薬もあります。 予防接種は、免疫不全がある場合・免疫を抑制する薬である「ステロイド」や「抗がん剤」等を服用中の患者様は、原則受ける事は出来ません。 そのような患者様が「薬を飲んでいても予防接種は受けられる」と間違った情報によって、勘違いされている場合は、正しい情報を提供してあげる事が事故を防ぐためにも大切な事です。 ただ、一方的に否定の態度を取る事はいけません。 患者様は、正しい情報を知らずに、誤った情報を先に得てしまったわけですから、それは患者様が悪いわけではありません。 しかし、今後も間違った情報を持ち続ける事は大変危険ですので、患者様の情報・知識を訂正する事に「大変申し訳ありません」等のお詫びをしてから、予防接種をしてはいけない事をお伝えしてあげましょう。 説明をしたうえご理解して頂けない場合は「薬を服用中の方は、予防接種を受ける際は主治医の許可を得るべき事」をお伝えして、主治医に相談していただく事が望ましいです。 予防接種が可能なお薬もありますが、出来れば「薬を飲まなくても大丈夫な、良好な状態」で予防接種を受ける事が望ましいので、会話の中に「治ってからなら予防接種も安心ですよ」等の言葉を入れ、患者様への注意喚起に努めると良いでしょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜