HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 職種が違う転職

職種が違う転職

職種を変える悩み

薬剤師が転職を決意するまでには、様々な理由が存在します。
理由として挙げられるものには「人間関係」や「職場環境」への不満、「給与」や「待遇」の面、又は「今の仕事よりやりたい仕事が出来た」と言う時です。
特に「今よりやりたい仕事が出来た」と言う場合は、違う職種への転職となる訳ですから、当然不安もあるかと思われます。

「調剤薬局」から「病院」であれば「調剤」と言う面では変わり有りませんが、病院薬剤師の場合「チーム医療」に伴う様々な業務として、医師や看護師との連携・入院病棟での患者様への見回り等、病院内を走り回る業務になりますので、小さな薬局内での調剤や受付とは全く違う環境となる訳です。
特に「チーム医療」に関しては、連携と言う点で必要とされる「医師」や「看護師」との「コミュニケーション能力」も必要とされる、かなりハードな職場となります。

「病院」や「調剤薬局」から、企業の「MR」や「SMA・CRA」への転職の場合となると、更に環境・業務内容は全く異なります。
「薬剤師」の主なる業務である「調剤」は全く無くなり、その代りに「営業」の為の外勤や、細かい作業であれば「実験や書類管理」又は「品質管理」と言った、全く違う内容の業務が待ち受けている訳です。

これらの逆であっても、お互いに業務内容が異なる訳ですから「戸惑い」や「違和感」を感じない訳はありません。

「職種が違う転職」の不安は、やってみないとわからない事でもあります。
出来れば事前に、これらの内容をシュミレーションしてみる事で、自分が「向いているかどうか」と言う事を判断する目安にもなります。

「転職支援会社」を通して「転職」をする場合であれば、こういた悩みや、実際の現場での様子を良く知ることが出来、更に「専任コンサルタント」に、自分がその職種に適しているかどうかも相談する事が可能ですので、是非活用する事をお勧め致します。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜