HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 調剤薬局→ドラッグストア

調剤薬局→ドラッグストア

職種を変える悩み

薬剤師の勤務先で一番多いと言われているのが「調剤薬局」です。
その一方で、退職・転職する薬剤師も多く、「転職した」あるいは「転職を考えたことがある」と言う「調剤薬局薬剤師」は半分以上と言う調査結果もあります。

こうした退職の場合、男性薬剤師の場合「給与が少ない」「やりがいが見いだせない」と言う理由が多く「少しでも年収の高い所」「やりがいのある職場」へ転職する薬剤師は多くいらっしゃいます。
一方女性の退職の場合は、「結婚・出産・育児」を理由に、一旦退職する事が多く、その大半が、出産や育児がひと段落した時点で、パートとして復帰する方が多いようです。

「調剤薬局」の薬剤師の年収は、約400~650万円なのに対し、「ドラッグストア」で勤務する薬剤師の年収は、店舗にもよりますが、初任給でも500万円以上、平均して600~700万円、店長クラスであれば800万円以上と言われています。

もし、調剤薬局での年収に不満が有る場合「ドラッグストア」の年収は非常に魅力的かもしれません。
また「やりがい」と言う面から見ても、ドラッグストアの業務内容は、調剤薬局とは違い、常に動きのある仕事です。
主な業務である「OTC医薬品の販売」だけにはとどまらず「品出し・在庫管理・陳列・店内のディスプレイ」等様々な業務をこなす必要があります。
薬剤師業務とはかけ離れた仕事もありますが「覚える事・学ぶ事」が多い職場だからこそ、面白く感じる薬剤師も多くいらっしゃいます。

「調剤薬局」から「ドラッグストア」への転職率は比較的高く、やる気次第で、店長や、その上のエリアマネージャー等を目指す事も可能です。
女性薬剤師の「パート復帰」の場合も、薬局のような複雑な人間関係が無い分、最適な仕事でもあります。

特に、経営や、営業・コミュニケーション能力に関するセンスがある方であれば、やりがい・給与共にアップしていきますので、転職先としては、お勧めできる職種だと思います。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜