HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > MRから薬剤師への転職

MRから薬剤師への転職

職種を変える悩み

薬学部を卒業後「MR」へと進む薬剤師もかなりいらっしゃいます。 「MR」とは「医薬情報担当者」を指し、主に製薬会社や企業に勤務し、医療関係者に対し「医薬情報の提供・収集・伝達」が主な業務内容とされます。 「国家資格」である「薬剤師資格」を取得している分、医薬品に関する基礎知識も豊富である為、他のMRよりも仕事に関しては有利と言えるでしょう。 年収も良く、30代での平均年収は700万円程度と、かなりの高収入の為、人気の職種とも言えます。 ただ中には、一旦高収入のMRとして就職したものの、やはり「転職」を考えるケースも少なくありません。 特に調剤薬局への転職を考えるMRが多く、その理由としては ・直接患者さんと接した仕事をしたい。 ・薬剤師免許を活かした仕事をしたい。 ・結婚して家族が出来たので、転勤も無く、同じ場所で生活できる仕事がしたい。 と言った理由が挙げられます。 やはりこの仕事は「向き不向き」もありますし、女性の場合特に、結婚・出産・育児をきっかけに転職を考えるようです。 ただ問題は「調剤未経験」と言う点です。 しかし、実際には考えているほど問題にはならず、転職活動で不利になる事はありません。 中には、様々な医薬品を取り扱ってきた知識と営業のノウハウがあると言う観点から「調剤薬局」への転職に有利に働く場合もあります。 求人の中には「調剤未経験者歓迎」とするところも多く、特に「大手チェーン店」として営業している調剤薬局は「研修制度」もしっかりしていて、半年から1年程度で、ある程度の仕事が熟せるようになります。 ただ「年収」と言う面で「MR薬剤師」から「調剤薬局薬剤師」への転職は、かなり減ってしまう事を覚悟しておく必要があるでしょう。 30代でのMRの年収は、平均して700万円程度ですので、そこから考えると調剤薬局薬剤師への転職は、400万円前後からのスタートとなります。 経済的な面ではそれなりの覚悟も必要とされます。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜