HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > ドラッグストア→調剤薬局

ドラッグストア→調剤薬局

職種を変える悩み

「ドラッグストア」と「調剤薬局」どちらも医薬品を取り扱う事には変わりは有りません。
大学卒業後に、最初に就職先を決める時点では、業務内容の差をあまり感じる事は無く「薬剤師として勤務できるのであればそれだけで良い」と考えた方もいらっしゃる筈です。

しかし実際には、ドラッグストアと調剤薬局とでは、業務内容は全く異なります。
大手ドラッグストアの場合、併設の調剤薬局が有れば、調剤業務に携わる事も可能です。それ以外のドラッグストアでは、主にOTC医薬品を取り扱う事になります。
実際に、ドラッグストアでのOTC医薬品においては、第2類医薬品、第3類医薬品に関しては「登録販売者」が販売する事が可能です。
しかし「要指導医薬品」「第1類医薬品」に関しては薬剤師しか販売することが出来ません。
また、管理薬剤師を一人設置しなくてはならないと言う理由から、ドラッグストアでは「薬剤師」を採用しているのです。
その為、実際の業務内容に関しては、薬剤師業務以外に、品出し、商品整理、レジ打ち等も、業務内容として入ってきます。

そう言った理由から「ドラッグストア」から「調剤薬局」への転職を希望する薬剤師は少なくありません。

転職の際に一番のネックとなるのは「調剤業務経験」です。
OTC医薬品しか取り扱った事が無い場合、調剤業務に不安を持つ方もいらっしゃいますが、求人には「未経験者歓迎」と言うものも多く存在します。
また、大手の調剤薬局チェーンであれば、新人研修もしっかりしているので、調剤以外にも、服薬指導など、少しずつ調剤薬局内の業務を覚える事が可能です。

ただ、給与の面では、大幅に下がる事は覚悟しておかなくてはなりません。
20代におけるドラッグストアの平均年収が430万円~650万円程度なのに対して、調剤薬局の年収は350万円から550万円程度と、かなり低くなる事を考慮しましょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜