HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 病院→調剤薬局

病院→調剤薬局

職種を変える悩み

転職する場合「調剤薬局」から「病院」への転職は難しいとされています。それは、病院薬剤師の場合、中途採用が少ないという厳しい条件があるためです。
しかし、その反対に「病院」から「調剤薬局」への転職は、求人数も多い事と、病院で得たスキルによって、比較的転職しやすいと言えます。

「病院薬剤師」と「薬局薬剤師」では、同じように薬を取り扱い「調剤業務」と「服薬指導」を行うと言う点では業務内容が共通しているので、仕事自体は覚えやすいと思います。

ただ、病院の場合、病院内における「調剤室での調剤業務」が殆どで、薬局薬剤師ほど、服薬指導を行う事はありません。
その為、薬局薬剤師として必要とされる「コミュニケーション能力」が乏しいと言えるかもしれません。
また、病院の規模にもよりますが、薬剤師が調剤する医薬品も、診療科によって分けられている為、取り扱う医薬品の種類は限られています。
一方、調剤薬局の場合、特に総合病院の門前薬局等は、取り扱う医薬品も様々で、新薬も加わるなど、膨大な種類の医薬品を把握しなくてはなりません。
その為、日々進化する医薬品情報を、常に勉強する必要があるのです。

ただ、病院薬剤師の場合、接してきた医薬品の種類が少ない代わりに、ドクターのカルテを直接閲覧する機会があった事で、既に様々な症例に対する医薬品の使用方法等を、実務経験として学んでいます。
それを活かす事で、より幅のある、医薬品の知識を広める事が可能です。

病院での業務と大きく異なる点は他にもあり、調剤薬局の場合は「疑義照会」や「カルテの整理」など、業務内容に幅が有るので、非常に忙しい分、薬剤師としての必要な経験を積むことが出来ます。

基礎的な知識を、既に病院勤務で得ている「病院薬剤師」にとって、同じく薬剤師としての業務を行う「調剤薬局」での勤務は、より成長できる職場でもあります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜