HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 病院→ドラッグストア

病院→ドラッグストア

職種を変える悩み
男性薬剤師と女性薬剤師

病院薬剤師は、調剤薬局等の薬剤師と比べると、「注射製剤を扱える」「直接、医師のカルテを閲覧する機会がある」と言った「薬剤師として、実務の中で勉強が出来る」と言ったメリットもあり、新卒の薬剤師や、スキルアップをしたい薬剤師が憧れる職場でもあります。

その一方で「給与が低い」「仕事が忙しい」「人間関係が難しい」と言った理由で、退職する薬剤師も意外と多い職場なのです。

病院の場合、調剤室での調剤がメインとされていて、病院の規模や方針によってではありますが、診療科ごとに薬剤師が分かれている事もあり、直接扱う医薬品の種類が少ない場合もあります。
そうなると、特定の分野においては強くなりますが、専門外に関しては、全く触れる事が無いので、知識も偏りがちです。

一方のドラッグストアに関しても、離職率が一番高いとされ、退職の原因としては「仕事もハードワークである」または「シフト制で夜が遅い」と言った理由が半分以上を占めています。
ドラッグストアにおける薬剤師の業務は、OTC医薬品の販売の他、品出し・商品整理・レジ打ち・接客など、広範囲に及びます。
多くのOTC医薬品を扱い、商品が豊富な事もあり「動きのある職場」として、向き不向きがはっきりと分かれる仕事ともいえるでしょう。

ドラッグストアの給与に関しては非常に高い相場となっていて、病院の年収が約450万円から650万円程度に対して、ドラッグストアの場合は、年収700万円程度とされています。
店長クラスとなれば800万円程度、人によっては1000万円も見込めて、収入の面では非常に満足できる職場と言えます。

病院からの転職としては、ドラッグストアはハードな仕事ではありますが、病院で培った豊富な知識を利用する事で、OTC医薬品の販売における幅も広がります。

病院とドラッグストアでは、かなり性質が違いますが、研修もしっかりとしているので、はじめてでも充分働く事が可能です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜