HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 病院→製薬会社

病院→製薬会社

職種を変える悩み

薬剤師の転職先は様々ですが、病院から製薬企業への転職は、職種にもよりますが「薬剤師としての知識を活かしたい」と言う場合、求人数が少なく、狭き門と言えます。

特に「研究・開発」への転職は、条件として「大学院卒」の資格が必要とされるので、求人も殆ど無い事から、非常に難しいと思われます。

逆に、求人が比較的多い所では、営業部門に属する「MR(医療情報担当営業)」があります。
ただこちらは、医薬品の知識が有る事は多少強みにはなりますが、むしろ「営業力」のある人間を必要としているので、必ずしも薬剤師資格が必要なわけではありません。
人とのコミュニケーションを図る事が得意であれば、適している職種だと言えます。

病院からの転職先で、次に多いとされているのが「CRA(臨床開発モニター)」です。
「治験」を行う際の「治験契約・モニタリング業務・CRF(症例報告書)のチェックと回収・治験終了の諸手続き」等が主な業務内容です。
その為、病院勤務で得た知識は、非常に有効に活用できる事から「やりがい」と言う面からも、人気のある職種の一つです。

「MR(医療情報担当営業)」「CRA(臨床開発モニター)」ともに、収入面は非常に良く、年齢と共に年収が上がる傾向が有る為、およそ「600~800万円」程度とされています。
ただ、どちらも実績と経験値が年収に大きく関わってきますので、それらが伴っていない場合には、それだけ年収も伸び悩む事になります。その辺は、良く考慮しておく必要があるでしょう。

しかし、これらの職種における条件の一つに「年齢」があります。
「MR(医療情報担当営業)」「CRA(臨床開発モニター)」のどちらにしても、出張が多いので、フットワークの軽さが必要とされる事から、30代までが転職しやすい年齢と言えます。
それ以降は、体力面でもかなりハードな職種ですので、難しいと思われます。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜