HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 病院→行政機関

病院→行政機関

職種を変える悩み

病院薬剤師が転職を考える時、理由としてあげられる事は「仕事が忙しい」「激務の割に給与が低い」と言った事が挙げられています。

病院薬剤師として働く場合、たくさんのメリットがあります。
「注射製剤が扱える」
「専門分野での知識を深められる」
「チーム医療への参加」
等、他の職場では体験できないスキルを上げるための業務が存在します。

そういった部分に注目して、現在の「病院」と言う勤務先を選択したのだと思います。
しかし、実際に勤務している内に、個人の価値観、また生活状況も変化していくのは仕方のない事です。

「仕事が忙しい」「給与が低い」と言う理由で、転職を決意したのであれば、転職先として適していると思われるものに、「行政機関」があります。

行政機関には「保健所・研究機関・自衛隊(薬務官)・麻薬取締官・薬事情報センター」等があり、主に衛生・環境の調査等で、医薬品を扱った調査または、医薬品の知識が必要とされる事が多く、その為、薬剤師を必要としています。

こうした行政機関で働く薬剤師を「公務員薬剤師」と呼びます。

「行政機関」は、地方自治体や国の機関となりますので、そこに勤務する薬剤師は「公務員」に分類されます。

「薬剤師公務員」であれば、待遇は他の公務員職と同じ扱いになりますので、給与も安定していて、休日もしっかり取れる事も魅力の一つです。
こうした「公務員薬剤師」として勤務する薬剤師は、全体の2%程度で、数としてはあまり多くは有りません。
その理由としては「求人情報が少ない」と言う事が挙げられます。

基本的に求人情報は、各行政機関のホームページ等で公開されている事が多く、もし転職を希望しているのであれば、ホームページをチェックしておくか、直接、自分の勤務したい行政機関へ電話などで問い合わせてみる事も必要です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜