HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 調剤薬局→病院

調剤薬局→病院

職種を変える悩み
薬イメージ

「病院薬剤師」の一番の魅力は「やりがい」にあります。
業務内容としても「調剤薬局」では「調剤業務・服薬指導」が主な業務に対し、「病院」ではそれに加え「注射・DI業務、病棟業務・チーム医療」と多岐に渡り、また専門的な知識を身に付ける為にも、非常に勉強にもなる職場です。
特に「急性期病院」における薬剤師は、日々変化する患者様の容態に合わせて、処方される調剤も変わり、より専門的な知識を必要とされます。
また「調剤薬局薬剤師」では扱う事の無い「注射製剤」、医師のカルテを直接閲覧し、患者様の「疾患名・過去の投薬の経緯・薬剤の使用方法」等を学ぶことが出来ます。

一方、勤務内容としては当直もありますので、かなりハードではありますが、薬局のような移動・転勤は殆ど無く、規模によっては「託児所」や「社員食堂」「福利厚生施設」も整っているので、安定した職場と言えるでしょう。

ただ給与に関しては、病院は「激務の割に給与が低い」とされています。
給与面では「調剤薬局」の方がずっと良いと言えるでしょう。

「やりがい」や「専門性」を求めるのであれば「病院薬剤師」は魅力的な職種だと思われます。
しかし残念ながら、本当に魅力を感じる「急性期病院」での「中途採用率」は非常に低く、大半は「新卒採用」とされているので、求人を見つける事自体、難しいと言えるでしょう。

「どうしても病院で働きたい」と言う場合、業務内容的には、急性期病院ほど忙しさや変化はありませんが、「慢性期病院」での中途採用は比較的多く、求人も見つけやすいかもしれません。
「慢性期病院」の場合は、定時で帰れることも多く、病床も100床から200床未満の所が殆どですので、体力的にも余裕があります。

「病院」への転職を希望しているのであれば、転職支援コンサルタント等へ相談してみて、自分に適した病院の求人を探す事が近道かもしれません。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜