HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > ドラッグストア→病院

ドラッグストア→病院

職種を変える悩み

「病院への転職は難しい」と言われていて、特に「ドラッグストアからの転職は無理なのでは」と思われる薬剤師さんもいらっしゃいますが、「病院」と言う枠で捉えれば、求人数はかなりあります。

病院には「慢性期病院」「急性期病院」「ケアミックス」の3つが有り「転職が難しい」とされている病院は「急性期病院」です。

「急性期病院」には、症状の移り変わりの多い、急性期疾患の患者さんが入院されているので「処方箋の内容・薬の種類」も日々変わっていきます。
その為、薬剤師としての専門性の高い知識が求められる、難しい仕事でもあります。
求人数もそれ程多くは無いので、殆どが「新卒の薬剤師」で埋められてしまう事もあり、中途での採用は稀です。

ただ「急性期病院」の場合、新しい症例や医薬品に触れる機会も多く、勉強になると言う意味で「やりがい」もある事から、新卒・中途の薬剤師共に、人気の高い病院と言えます。

一般的に求人が多いのは、比較的症状が安定している患者様が入院する「慢性期病院」ですので、病床数も100床前後の中小病院です。
毎日のお薬の処方はありますが、処方内容はあまり変わりませんので「急性期病院」のような忙しさも無く「若い人・やりがいを求める人」にとっては少々物足りないのかもしれません。

こうした「慢性期病院」に入院している患者様は長期療養の為、病院での生活を余儀なくされている方が殆どです。
その為「人と話すのが唯一の楽しみ」とおっしゃる患者様も多くいらっしゃいます。

「ドラッグストア」での勤務は、様々なお客様とのコミュニケーションが問われる現場ですので、患者様とのコミュニケーションを大切にしている「慢性期病院」への転職は「ドラッグストア」での勤務経験のある薬剤師さんには、向いている職場かもしれません。

「病院への転職は難しい」と思い込まず、まずは「登録支援サイト」等の「キャリアコンサルタント」に相談してみましょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜