HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > ドラッグストア→製薬会社

ドラッグストア→製薬会社

職種を変える悩み

製薬会社の中で、薬剤師が実際に就いている職種は様々で、
「管理薬剤師」
「MR(医療情報担当営業)」
「DI業務(医薬品情報管理業務)」
「コールセンター業務」
「品質管理」
「PSP(新薬の市販後調査)」
「CRC(治験コーディネーター)」
「CRA(臨床開発モニター)」
等、多岐に渡ります。
この他に「研究・開発」と言う部門もありますが、こちらは「大学院卒」の資格が必要であるため、狭き門となっています。

ただ、製薬会社の求人は「薬剤師」限定の職種ばかりではありません。
勿論、医薬品の知識を持ち合わせている「薬剤師資格」が必要とされる場合もありますが、それだけで有利となる、職種ばかりではありません。

ドラッグストアからの転職の場合、薬剤師の専門的知識だけでは無く、接客業の経験で「コミュニケーション能力」得られることが多いです。そのため営業部門に属する「MR(医療情報担当営業)」のように、様々な医療機関を訪問し、医師や看護師・薬剤師等の多くの医療関係者と接する業務は、適していると言えるでしょう。

また、経験者及び医療従事者が条件とされる「治験コーディネーター(CRC)」や「臨床開発モニター(CRA)」も、求人数が多く、新薬の研究・開発における「重要な役割を担える」と言う点で、やりがいを見いだせる仕事と言えます。
ただ前提条件として「語学力」が含まれていますので、英語を始め、外国語が得意である事が必要です。

こうした製薬会社の求人募集は「秋採用」が多く、殆どが「非公開求人」によって募集されています。
他の季節の採用も勿論ありますが、「非公開求人」に加え「秋採用」にする事で「ある程度、他の職種で経験値を上げた、有能な人材を集めやすい」と言う理由があるからです。

ただ、製薬会社の場合、年齢制限を設けられている事が多い為、若いうち、遅くても30代前半までには転職を決意する事をお勧めします。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜