HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 製薬会社→ドラッグストア

製薬会社→ドラッグストア

職種を変える悩み

薬剤師は、現時点では「離職しても就職先は見つけやすい」と言われています。
その為、職場によっては離職率も高く、常に人材が入れ替わっている所もありますが、逆にいえば、同じ職場で長く勤務する薬剤師は「大切にされている」と言う事です。

製薬会社への就職は、薬剤師としては長い目で見れば「安定した職場」と言えるでしょう。
国内には現在、1300社程度の製薬会社が存在します。
「開発・研究職」や「管理薬剤師」、あるいは「CRA(臨床開発モニター)」等の業務を行っている場合、薬剤師としての知識を活かせる事から、離職率は低いと言えます。

そんななかで、「MR (医薬情報担当者)」に関して言えば、離職率はかなり高いと言えます。
なぜなら「MR (医薬情報担当者)」の業務そのものは、営業部に属する為、薬剤師としての知識よりもむしろ「営業力」を問われる仕事だからです。
勿論、中には「営業」が天職と言える方もいらっしゃいますので、一概には言えません。
しかし、薬剤師としての「やりがい」を見出すことが出来ず、離職する方も多くいらっしゃるようです。

「生活が不規則」「医師やその他の医療従事者と対等になれない」等、理由は様々ですが、やはり「薬剤師資格」を持つ以上、「薬剤師としての知識を活かしたい」と言うのが、退職の最大の理由と言えます。

MRの業務では、調剤業務が無い為、調剤業務のある職場への転職には、不安を感じる方が多いと思います。
そのような場合、転職先で多いのが「ドラッグストア」です。
ドラッグストアでは、OTC医薬品の販売をメインにしている店舗が殆どです。
薬剤師業務以外に、レジ打ち・品出し・接客等、様々な業務を行わなくてはならない事から「離職率が高い」とも言われていますが、営業経験者である「MR出身」だからこそ、適している職場とも言えます。
転職を考えているのであれば、一度近所のドラッグストアを観察してみるのも良いかと思われます。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜