HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 製薬会社→行政機関

製薬会社→行政機関

職種を変える悩み
調剤

製薬会社で働く薬剤師、特に「MR(医薬品情報担当者)」の離職率が、会社内の他の業種の薬剤師と比べて、はるかに高いと言われています。

MRの仕事は、医師や看護師・薬剤師等の医療従事者よりも下に見られる事もあり、薬剤師の資格保持者として現状に耐えることができず、退職をしてしまう人もいらっしゃいます。
また「時間の不規則さ」や「人間関係」から、精神的・身体的にも不調となり、退職するケースも少なくありません。

年収としては、成績が良ければ600万~700万円程度、逆に成績が悪ければ400万円程度と、かなり差があります。
朝早くから、下手をすれば夜中の12時まで働いている事も珍しくない職種ですが、年齢的に30歳も過ぎれば体力的にはきつくなり始めます。
また、40代で成績が上がらなければ、昇給は難しいでしょう。

こう言った理由で退職を希望する方が転職先に求める事は「安定した年収」「残業無し」「土日休み」と言った条件が多く、それを満たす転職先として「行政機関の薬剤師」が挙げられます。

薬剤師を必要としている「行政機関」には「保険所・研究機関・麻薬取締官・薬事情報センター」等があり、「調剤経験」の無い「MR」にとって、比較的採用されやすい職種と言えます。
別名「公務員薬剤師」と言われ「給与」や「待遇」は、公務員と同等になります。

特に転職しやすい勤務先としては「保険所」や「薬事情報センター」が挙げられます。
また「保険所」に関しては「飲食店や施設等の衛生指導・調査」「生活習慣病等の健診」「食中毒の予防・調査」等、地域住民の「衛生・健康」の「管理・指導」をする事が目的とされています。
「薬事情報センター」は、薬剤師をはじめとする「医療関係者・製薬会社」及び「一般の方々」に医薬品に関する正確な情報提供等の業務を行っています。

求人の情報は、行政機関のホームページ上等に公開されますので、常にチェックしておくことをお勧めします。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜