HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 行政機関→病院

行政機関→病院

職種を変える悩み

「行政機関」だけでは無く、他の職種にも当てはまる事ではありますが、一般的に病院への転職は難しいとされています。

特に、急性疾患の患者様の治療を目的とする「急性期病院」に関しては、新卒の薬剤師の求人が多く、中途採用の枠は無いに等しいのが現状です。
万一、中途採用の求人が見つけられたとしても、急性疾患の患者様に関しては、容態の変化が著しく、その都度治療方法を変える事で、調剤内容も毎日のように異なる事が多く、「即戦力」が求められています。
その為、条件として「病院勤務経験者」または「調剤業務経験者」とされている事が殆どです。

しかし「慢性期病院」に関しては、慢性疾患の長期療養を目的としている為、若い薬剤師には魅力を感じない事もあり、希望する新卒薬剤師は少なく、比較的「中途採用」の求人が多くなっています。
また、高齢化社会における、高齢者の「慢性疾患・長期療養」が必要とされている現在、「慢性期病院」は需要も高く、そういった病院が増加しています。
その為、こちらに関しては、薬剤師が不足している状況とも言えます。

「慢性期病院」においては、急を要する患者様が少ない事もあり、毎日のお薬の調剤業務はありますが、ほぼ同じ内容の為、病棟勤務も比較的楽な部分が多く、薬剤師の当直も殆どありません。
また9時から18時くらいまでの定時での勤務がほとんどで、「行政機関」から転職したとしても、生活時間への影響は少ない為、続けやすいと思われます。

パート勤務や非常勤での薬剤師を募集している所もありますので、女性薬剤師で、既婚または育児中においても、転職しやすいと言えるでしょう。

「病院勤務を経験したい」と言う目的であれば充分に転職も可能です。
万一「急性期病院で専門的知識を学びたい」と言う場合も、こういった「慢性期病院」で経験を積む事で、中途採用枠への転職も可能となります。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜