HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 行政機関→ドラッグストア

行政機関→ドラッグストア

職種を変える悩み

行政機関で働く「公務員薬剤師」は、比較的安定した給与と待遇・福利厚生が保証されているので、退職を考える方は殆どいらっしゃらないようです。
しかし、女性に関して言えば「結婚・出産・育児」や「同居する高齢者の介護」「夫の転勤」等での退職を希望される方もいらっしゃいます。

こう言った場合、一旦は退職をしても「時間に余裕が出来た」と言う時点で、復帰を考える人も少なくありません。

再就職や転職で「調剤薬局」を考える方もいらっしゃいますが、行政機関での勤務経験しかない場合「調剤業務」の経験が無い事で、諦めてしまう方もいらっしゃいますが、せっかくの「薬剤師国家資格」を「箪笥の肥やし」にしてはもったいない話です。

現在最も求人の多い勤務先が「ドラッグストア」です。
大手のドラッグストアに関しては、次々と新店をオープンしている事もあり「オープニングスタッフ」を募集している所もたくさんあります。
その中には、勿論「薬剤師」の枠もあり、また、仕事から離れていたとしても、新店舗であれば誰もが同じスタートラインですので、充実した研修を受けられると言う点で、再就職・転職をしやすいと言えます。
更に、調剤経験が無くても、取り扱う医薬品の殆どがOTC医薬品ですので、「薬の知識」と「コミュニケーション能力」が有れば、充分採用される確率は高くなります。

時間的な面に関しては、正社員を希望した場合は、朝10時ごろから、長いところですと夜10時過ぎまで店舗がオープンしていています。その時間の中で、シフト制で勤務する事になりますから、お子さんがいらっしゃる場合は少々難しいかもしれません。
ただし「パート」での採用を行っている所が殆どで、夕方も6時くらいまでと言う所が多くあります。
基本的に、行政機関のように「土日休み」の保証はありませんが、事前に申請しておけば、土日に休む事も可能です。

「パート」として働きたいと言う方には、適している職種だと思います。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜