HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職種を変える悩み > 行政機関→製薬会社

行政機関→製薬会社

職種を変える悩み

製薬会社で働く薬剤師の仕事には「研究職」以外にも「開発職」「MR(医療情報担当者)職」「学術・DI職」があります。

「研究職」「開発職」に関しては「大学院卒」の条件が有りますので、非常に難しく、求人も殆どありません。

逆に「MR職」に関しては、薬剤師資格は必要とされていない事もあり、求人数も非常に多くなっています。 ただ、「営業力」と「コミュニケーション能力」が求められる事に加えて、医師や看護師・薬剤師等の医療従事者を訪問する為、生活時間が不規則になり、また営業成績によっては収入も上がらず、転職後に続けていく事が難しい仕事でもあります。その為、離職率も高いと言う事を認識しておく必要もあるでしょう。

「行政機関」からの転職として、適していると思われるのが「学術・DI職」です。

主に「学術業務」の内容は、日々変化していく「医薬品情報」に関して「関連文献」及び「最新の報告書等」を基に、迅速で正確な「収集・分類・管理」をした上で「資料の作成」や、関係者に対する「情報提供」「アドバイス」を行う事とされています。 更に、英語の文献を扱う事も多い為、英語力も求められています。 医薬品に関する、最新の知識を得たいと言う理由であれば、こなせる仕事でもあります。

「DI業務(医薬品情報管理業務)」に関しては、「学術業務」で得た医薬品に関する情報を、医師や薬剤師、または一般の方々等、医薬品情報を必要としている方へ情報提供することや、問い合わせに関する対応といった仕事です。

基本的にデスクワークなので、体力的にも続けやすい仕事と言えます。 ただ、求人は非常に少なく、求人があったとしても「転職支援サイト」等の「非公開求人」になっている場合が多いので、転職を希望しているのであれば、情報収集の為にも「転職支援サイト」への登録をお勧めします。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜