HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 境遇別の悩み > 新婚

新婚

境遇別の悩み

多くの女性薬剤師または、男性薬剤師に関しても言える事ですが「結婚を期に価値観が変わった」と言う方はたくさんいらっしゃいます。

男性の場合ですと、生活環境に余裕が持てるようになる場合や、また「家庭を守る」と言う責任感も芽生えてきます。
その為、以前よりも増して「薬剤師業務」に集中して取り組む男性が多いようです。

女性薬剤師の場合は逆に「結婚後も働き続けられるのか」と言った悩みが出てくるようになります。
「結婚・出産・育児」は薬剤師ばかりでは無く、全ての女性に関して大きなターニングポイントにもなる時期です。

出来れば「今の職場で続けて働きたい」と思われる方が殆どだと思います。
しかし「新婚」ともなれば、出来れば残業は避けたいでしょうし、毎日の家事との両立は難しくなってきます。
家事に関しては、事前に旦那様とよく相談して、あらかじめルールを作っておくことも必要です。
例えば「料理は自分が、後片付けは旦那さんが」等のように、明確に分けておくと、後々のトラブルに発展することなくスムーズに仕事を続けられます。

職場に関しては、出来れば結婚・出産・育児を経験した先輩薬剤師がいれば心強いのですが、結婚後のライフスタイルに対して、理解されない場合が多いものです。
また、女性同士の場合、結婚をしたことで「仕事を疎かにしている」と言う思い込みからトラブルに発展するケースも見受けられます。

職場によっては「プレママ制度」と言うサポート制度が実施されている所があります。
万一妊娠や出産した場合等、職場全体でフォローする事で、女性の仕事を応援すると言うものです。

そういった制度が浸透している職場であれば、ずっと働きやすく、また出産後の職場復帰もしやすいと思います。
もし結婚を期に転職するつもりであれば、「転職支援サービス」を活用して自分のライフスタイルに合った求人を探してみましょう。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜