HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 境遇別の悩み > 初めての転職

初めての転職

境遇別の悩み

転職の多い「薬剤師」の転職には、様々な理由が存在します。
初めての転職であれば、最低限注意すべきことが、幾つかあります。

転職理由の第1位は「人間関係」ですが、調剤薬局に勤務する薬剤師の多くは、狭い空間で顔を突き合わせて、毎日仕事をしている事が殆どですので、人間関係のトラブルが起きない方が不思議です。
こう言った理由での転職の場合、まず一旦「どうして人間関係が悪くなったのか」と言う事を改めて振り返りましょう。
「良く考えてみたら、自分に非が有った」と言う場合も少なくありません。
次の職場で、同じことを繰り返してしまっては、いつも転職を繰り返すようになり、職歴にも影響してきます。
まずは「問題点」を良く考え、自分なりに反省をした上で、改めて転職を考える事をお勧めします。

次に挙げられる理由として「結婚したので年収をアップしたい」「スキルアップの為に勉強をしたい」等が挙げられます。
この様な理由の場合、自分ではどうにも出来ない部分が存在する為、転職理由としては充分納得の行く理由となります。
面接を受ける際にも、こういったポジティブな理由であれば、明確に理由を説明する事で、採用側もプラスとして受け止めてくれます。

女性の場合は「結婚・出産・育児」を期に前職を離職する率が高いと思われます。
ですから、転職の際には「現在のライフスタイルと合致しているかどうか」と言う事が重要になってきます。
もし、「育児」や「夫の転勤が多い」等の状況であれば「パート薬剤師」と言う選択肢もあります。
パートなら時間に余裕もありますので、育児に差し支える事も無く、また、夫の転勤で辞めざるを得ない場合にも、退職しやすいと言うメリットがあります。

これらの事を念頭において是非「転職支援サービス」を活用する事をお勧めします。
専門のコンサルタントがいるので、安心して転職の不安を相談する事が可能です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜