HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 境遇別の悩み > 子どもがいる(シングルマザー)

子どもがいる(シングルマザー)

境遇別の悩み

薬剤師は、充分自立した生活を送るだけの収入を得られる仕事です。

女性薬剤師の中には、何らかの理由で、子供を抱えてシングルマザーとなる方もいらっしゃいます。
現代社会において「シングルマザー」は決して特別な存在ではありません。
無理な結婚生活を送り、身体的にも精神的にも苦痛を生じる場合、致し方の無い手段でもあります。

薬剤師ばかりではありません。
「シングルマザー」の悩みで一番大きな悩みは「子供と2人どう生活していくか」と言う事です。
例え養育費を払ってもらったとしても、食費は勿論、光熱費、家賃等、生活する為には様々な支出があります。
それらをまかなう為にも、最低限の収入が必要となるわけです。

その点で言うと「薬剤師」と言う資格は「女性が子供を育てる為に必要な収入を、充分得られる仕事」と言えるでしょう。

子供が小さいうちは、子供の預け先の都合や、急な病気への対応の為、時間的にも余裕が有る方が良いはずです。
しかし、通常の仕事でそれらの条件を満たす事が出来る「正社員」での仕事は中々ありません。
その為、パートやアルバイトと言う選択肢が出てきますが、実際問題、通常のパートやアルバイトの時給は800円~多くても1200円前後です。
とても1つだけでは生活が難しいので、幾つか掛け持ちをしている方もいらっしゃいます。

しかし、薬剤師の場合「パート」と言う選択をしても、地域によって多少異なりますが、時給はおよそ2000円前後です。
シフト制で、4時間程度で、週4日働いたとしても、贅沢をしなければ、2人で暮らしていくには十分な収入です。

もし、薬剤師の資格を持ちながら、結婚や出産を期に離職していたのであれば、この機会に「薬剤師」の資格を活かした就職先を見つけてみてはいかがでしょうか。

求人を探す場合には「転職支援サービス」の利用をお勧めします。
様々な相談にも乗ってくれる上に、自分に合った条件の勤務先を見つける事が可能です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜