HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 境遇別の悩み > 子どもがいる(男性)

子どもがいる(男性)

境遇別の悩み
微笑む三人家族

男性が転職を考える際の理由は「給与が少ない」「残業が多い」「休日が少ない」などが上位に挙げられています。
また「キャリアアップを目指したい」と言う条件はやはり男性として、外せない条件でもあるようです。

男性の転職理由に関しては「独身である」か「既婚である」かで、大きく変わってきます。
「独身男性」の場合であれば、自分の都合だけで転職先を決める事は当たり前の事です。
基本的には、自分の「やりたいこと」「プライベートの充実」と言う事を念頭に置いての理由が上位に挙げられてるいのに対して「既婚男性」の場合は「家庭ありき」で考えているようです。
特に「既婚で子供がいる」と言う事は大きな違いであるようです。

子供の教育資金は、生まれてから、大学を卒業するまでには1000万円以上かかると推定されます。
その為、給与の一部は貯蓄に回す事が殆どですので「安定した収入」は譲れない条件と言えるでしょう。
また、育児の面でも、共稼ぎの場合は、保育園のお迎えや、家庭での育児、家事の分担等、プライベートの時間は、家族の為に使う事が多いはずです。

「給与が安定している」「昇給が有る」「休日日数」「残業が少ない」等、必要最低限の条件も出てきます。
また、住宅事情なども、社宅や借り上げ住宅、家賃の補助などの制度がある事で、かなり生活の余裕も変わってきます。

更に、家庭を持った場合、特に扶養家族がいる場合は、出来れば転職後は安定して長く働くことが理想とされています。

こう言った条件を満たしてくれる職場を個人で探すのは中々難しい物です。
そう言った場合は「転職支援サービス」を利用する事をお勧めします。
少しでも自分の条件に合った勤務先を見つけることは、今後の生活の安定にも繋がって行きます。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜