HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > ブログ > 薬剤師の働き方いろいろ、福利厚生と年収が魅力の《正社員》

薬剤師の働き方いろいろ、福利厚生と年収が魅力の《正社員》

ブログ
女性薬剤師

ライター:RAY

薬剤師の資格を持っていると言う場合、他の業種で正社員として働くよりもかなり安定した給与が期待できます。

薬剤師の平均年収

薬剤師の場合、平均年収はおよそ500万円

月収に換算すれば 約40万円と言う金額を受け取れることになります。
通常の会社員や、営業ですと、正社員でも月収で20万円前後です。
年収に換算しても200万円~250万円と言うのが平均と言えます。

特に、初任給で比べると、他の業種では年齢を問わず初任給はかなり低額に設定されているのに比べ、
薬剤師の場合は1年目でも平均収入額とほぼ変わらぬ年収が貰えます。

福利厚生が魅力、正社員の待遇

高齢者社会と言う時代背景も手伝ってか、現在では薬剤師は売り手市場となっています

そのため職にあぶれると言う事もありません。

特に女性薬剤師の方は

  • 「安定した職業なので、結婚しても働きやすい」
  • 「育児後の復帰がしやすい」

と言う点を挙げていらっしゃいます 。

実際に多くの薬局などの正社員の場合、育休や産休などが充実している事で、女性にとってはかなりのメリットがあるようです。

妊婦

このように、正社員として働いた場合、パートや派遣社員と比べて、社会保険福利厚生が期待できると言う面でもかなりのお得感を感じると言う方が多いようです。

実際に薬剤師の正社員で働いている方々は、社会保険失業保険等充実していることに含め、
職場によっては「住宅手当・通勤手当・資格手当など色々な待遇を受けられる」と言うお話もありました。

安定した雇用環境の中で働けると言う事は、何よりも嬉しい条件です。

正社員の場合、パートや派遣と違い、「契約期間」と言うものが存在しないので
自分自身が「働きたいな」と思っている限りは、いつもでも働くことが可能です。

また、責任のある仕事を任されることで「自分が認められた」と言う嬉しさや
昇給や昇進による喜びも感じられることは、やりがいにも繋がっているようです。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜